平成24年度東海・北陸地区国立大学法人等技術職員合同研修
電気・電子コース

平成24年度東海・北陸地区国立大学法人等技術職員合同研修は無事終了いたしました
たくさんのご参加をいただきありがとうございました



・平成24年度東海・北陸地区国立大学法人等技術職員合同研修 電気・電子コース 写真集
(パスワードによるアクセス制限がかかっています)

実施要項(抜粋)
1.目的
東海・北陸地区の国立大学法人等に所属する技術職員に対し、その職務遂行に必要な専門的知識および技術等を修得させ、技術職員としての資質の向上を図るとともに職員相互の交流に寄与する事を目的とする。
2.主催
国立大学協会および東海・北陸地区国立大学法人等の共催により実施する。
3.期間
平成24年9月5日(水)〜9月7日(金)
4.会場
国立大学法人 名古屋大学(名古屋市千種区不老町)
主会場 工学研究科創造工学センター
実習テーマ・概要
A USB機器を作ろう
USB モジュール(PIC マイコン)およびブレッドボードを使ったテスト回路(簡易機器)を製作し、パソコン上のプログラム(VB2010Express)にて計測および制御に関する技術を体験し習得する。
B アクティブフィルタの設計・製作
アクティブフィルタを設計・製作し、その応答特性を測定する事で、電子回路の基本要素の1 つであるオペアンプの取り扱い技術を習得する。
その際、同じ遮断周波数で設計したフィルタでも、その応答特性の相違により、適応波形の適・不適が存在する事を体感して頂く。
また、選定部品により応答特性が変化することも理解して頂く。
なお、電子回路の実装技術の基礎であるハンダ付けを基礎理論から学び、確実なハンダ付けにも習熟して頂く。